駒込冨士神社山開き大祭

【令和4年】6月30日~7月2日の三日間、山開き大祭を行います。

(令和元年撮影)

 

○神 竜 (しんりゅう・麦わら蛇)

 江戸時代中期の宝永年間の頃、大祭日に売り始めたところ細工が珍しいということで、多くの人が買い求め、病疫除けの御利益をもつ縁起物として授与されてきました。蛇が枝に巻き付き舌を出している形をしており,のちに「神 竜」と呼ばれるようになり現在に至っている。
頒布数に限度がありますのでお早めにお参り下さい。

○麦らくがん

大祭日のみ販売する名物菓子で、麦粉で作ったらくがんです。
富士山の形をしていて、雪化粧をほどこしているものが数十個はいっており、1袋約30個はいっています。こちらも数に限度がありますので、お早めにお求め下さい。

なぜ麦の縁起物なのか?

『文京区神社史』によると、神社周辺が農地だった頃、富士塚の上から麦畑が見えていたと述べていることからこの周辺にて麦を生産していたことがわかります。

◉期間限定御朱印